いづどのぐう
泉 殿 宮
IDUDONOGU
泉の如く「力」湧き出る

                  |お問い合わせ|サイトマップ|
トップ
■  御 祭 神
神様のおなまえ
■  御 由 諸
泉殿宮のいわれ
■  御 神 徳
泉殿宮の御利益
■  神社祭儀
泉殿宮のお祭り
■  昇殿祭典
ご祈祷や結婚式
■  出張祭典
地鎮祭や新居清祓
■  御札御守
お札 や お守り
■  泉殿宮神楽獅子
かぐらしし
■  地   車
地車と地車囃子
■  境内案内
境内施設の案内
■  由縁の神社
当宮が祭典を御奉仕する神社
■  大塩平八郎
宮司家との関係
■  交通案内
当宮への道案内
御本殿の屋根
■御 祭 神













本   社  祭 神 建速須佐之男大神 (たけはやすさのおのおおかみ)
    宇迦之御魂大神 (うがのみたまのおおかみ)
  春日大神
         天児屋命 (あめのこやねのみこと)
    住吉大神
          底筒男之命 (そこつつのおのみこと)
          中筒男之命 (なかつつのおのみこと)
          上筒男之命 (うわつつのおのみこと)
    天香山命 (あめのかぐやまのみこと) 
     
末   社   神産巣日神 (かみむすびのかみ)
    奇稲田姫神 (くしいなだひめのかみ)
    大 国 主 神 (おおくにぬしのかみ) 
     
戎 神 社   えびす大神 (えびすおおかみ)
     
稲 荷 神 社   豊受大神 (とようけのおおかみ)