いづどのぐう
泉 殿 宮
IDUDONOGU
泉の如く「力」湧き出る

                 |お問い合わせ|サイトマップ|
トップ
■  御 祭 神
神様のおなまえ
■  御 由 諸
泉殿宮のいわれ
■  御 神 徳
泉殿宮の御利益
■  神社祭儀
泉殿宮のお祭り
■  昇殿祭典
ご祈祷や結婚式
●新春昇殿参拝
●安産祈願
●初宮詣
●七五三詣
●ランドセルお祓い
●十三詣
●結婚式
●厄年の祓
●年祝い
●交通安全
●社業繁栄
●社参地鎮祭
■  出張祭典
地鎮祭や新居清祓
■  御札御守
お札 や お守り
■  泉殿宮神楽獅子
かぐらしし
■  地   車
地車と地車囃子
■  境内案内
境内施設の案内
■  由縁の神社
当宮が祭典を御奉仕する神社
■  大塩平八郎
宮司家との関係
■  交通案内
当宮への道案内
本殿
●厄年の祓














ご参拝の方には
さらに6月30日(土)夏越の祓の当日に
7月1日から12月31日大晦日 迄の厄除開運をご祈願し、
お名前とお年(又は干支)を奏上の後申込用紙はお焚き上げいたします


節分厄除大祭はこちら

厄除焼納神事はこちら

精神的にも身体的にも災難や障りが身に降りかかりやすい節目の年。
当宮の御利益 「泉の如く 力 湧き出る 厄を追い払い 運を開く」 を戴く。

           大厄は男42歳  女33歳とされています。

他に1・4・7・10・13・16・19・22・25・28・33・37・40・42・46・49・52・55・58・61も厄年ですが、
厄年表をご覧の上お祓いをお受けになられることをおすすめいたします。

厄年に関係なく、一年中、家内安全祈願、厄除開運祈願 や 「最近、よく無いことが
続くので」とご祈祷をお受けになられます。

  御祈祷料は、一万円の方が多ございますが、
                中には五千円の方や二万、三万円の方がいらっしゃいます。

新年の厄年のお祓い詳細は、こちらへ

平成30年戊戌年(つちのえいぬどし) 厄年にあたる方の生れ年(数え年)
1
25才 平成6年生 いぬ 1 19才 平成12年生 たつ
41才 昭和53年生 うま 1 32才 昭和62年生 うさぎ
42才 昭和52年生 1 33才 昭和61年生 とら
43才 昭和51年生 たつ 1 34才 昭和60年生 うし
61才 昭和33年生 いぬ 1 37才 昭和57年生 いぬ
  61才 昭和33年生 いぬ