いづどのぐう
泉 殿 宮
IDUDONOGU
泉の如く「力」湧き出る

                  |お問い合わせ|サイトマップ
トップ
■  御 祭 神
神様のおなまえ
■  御 由 諸
泉殿宮のいわれ
■  御 神 徳
泉殿宮の御利益
■  神社祭儀
泉殿宮のお祭り
●歳旦祭
●戎まつり
●神符〆縄焼納神事
●節分厄除大祭
●稲荷祭
●春大祭
●夏越の祓
●吹田まつり
●夏大祭
●秋大祭
●大菊花展
●〆縄奉製神事
●大祓式
■  昇殿祭典
ご祈祷や結婚式
■  出張祭典
地鎮祭や新居清祓
■  御札御守
お札 や お守り
■  泉殿宮神楽獅子
かぐらしし
■  地   車
地車と地車囃子
■  境内案内
境内施設の案内
■  由縁の神社
当宮が祭典を御奉仕する神社
■  大塩平八郎
宮司家との関係
■  交通案内
当宮への道案内

●夏越の祓


茅の輪(ちのわ)御守
泉殿宮 茅の輪 御守






    

上の画像 をタップするか、マウスでなぞると
水が湧き出る祓所で禊祓(みそぎはらい)の様子

 ご自分の大切な「お時間とお力」を惜しみなく発揮頂きました皆様方
御奉納、御参列頂きました氏子崇敬者の皆様方のお陰をもちまして
泉殿宮 夏越の祓 滞りなく修めさせていただきました。
公式サイトからも厚く御礼申し上げます。   令和元年7月1日


写真はこちらへ 
 準備の様子(10枚) 祈願の様子(8枚)


日時:6月30日() 午後5時より6時の間 ご斎行申し上げました。

参道中央に据えられた檜(ひのき)の葉を盛られた焼納炉前にて

神職、参列者が大祓詞を奏上する中、宮司が厄除開運と御健康を祈り

立春以降の昇殿参拝申込書と厄除守護真木に書かれたご芳名を唱え

お焚き上げすると。罪や穢れや厄は、立ち昇る煙と共に消えていきました。

地中より水が湧き出す本殿前の祓所(はらえど)にて、参列者全員が順次

禊祓(みそぎはらい)の後、夏の果物の王様 ”すいか” をいただきます。

半年の間に身に付いた罪穢れを 「火で焼き尽くし」「水で洗い清め」

新しい半年間 暑さにも寒さにも負ける事なく

無病息災に生業・勉学・職業に御精進されますよう祈願する祭典です。

当宮では、当初の故事に倣い、茅の輪御守を授与いたしますが、茅の輪くぐりは、行いません。


6月21日(金)より、

      厄除焼納神事の守護真木  (初穂料 金五百円)
                          通常の”幸運への御縁”に重ね、”長寿箸”も授与

      茅の輪 (ち の わ) 御守 (初穂料 金 千 円)
                          一年の間でこの期間だけ限定授与
 (縦 10センチ 横 7センチ)泉殿宮 茅の輪 御守

備後風土記に 昔、北海に坐す武塔神が南海の神女の元に向かわれる途中、日が暮れ、一夜の宿を求め裕福な弟の巨旦将来(こたんしょうらい)」の所へ行ったが断られ、兄の蘇民将来の所へ行くと、貧しいながらも精一杯もてなしを受けた。
歳月が経ち、八人の子どもを連れて


「吾は、須佐之男神なり、後の世に疫病あらば、汝は、蘇民将来の子孫と云いて、『茅の輪』を腰に付けるならば免れるであろう」
といわれ、子孫は助かり、巨旦を消滅させた伝説が残っています。

須佐之男大神を御祭神とする泉殿宮茅の輪御守は、ビニールで密閉して授与いたしますので、お宅でビニールの四隅をはさみで切り捨て、玄関内の高所にお祀(まつ)りください。、