いづどのぐう
泉 殿 宮
IDUDONOGU
泉の如く「力」湧き出る

                  |お問い合わせ|サイトマップ|
トップ
■  御 祭 神
神様のおなまえ
■  御 由 諸
泉殿宮のいわれ
■  御 神 徳
泉殿宮の御利益
■  神社祭儀
泉殿宮のお祭り
●歳旦祭
●戎まつり
●神符〆縄焼納神事
●節分厄除大祭
●稲荷祭
●春大祭
●夏越の祓
●吹田まつり
●夏大祭
●秋大祭
●大菊花展
●〆縄奉製神事
●大祓式
■  昇殿祭典
ご祈祷や結婚式
■  出張祭典
地鎮祭や新居清祓
■  御札御守
お札 や お守り
■  泉殿宮神楽獅子
かぐらしし
■  地   車
地車と地車囃子
■  境内案内
境内施設の案内
■  由縁の神社
当宮が祭典を御奉仕する神社
■  大塩平八郎
宮司家との関係
■  交通案内
当宮への道案内

●夏 祭 禮


   (お水まつり)






上の画像 をタップするか、マウスでなぞってください

ご自分の大切な「お時間とお力」を惜しみなく発揮頂きました皆様方

 御奉納、御参列頂きました氏子崇敬者の皆様方のお陰をもちまして 

 夏祭禮 お水まつり  滞りなく修めさせていただきました。

 公式サイトからも厚く御礼申し上げます。 平成29年8月4日
 

 吹田市地域無形民俗文化財泉殿宮神楽獅子

 天神祭でおなじみの 日本一の地車囃子
   

ユーチューブで動画がご覧いただけます
タイトル名
泉殿宮 お水まつり

3日 泉殿宮神楽獅子保存会奉納 2日・3日 地車囃子(だんじりばやし)奉納
 
 
 
1・2日 設営、諸準備 2・3日 子ども神輿 4日 片づけ、格納

当宮の夏祭は、別名 ”お水まつり”といいます。

旱魃(かんばつ)に苦しむ里人が、歎きを大神に告げ祈ると、立ちどころに泉が湧きだし
難を逃れた故事により、恵みの水に感謝する祭典です。


日時 :8月 2日 (水)  午前9時頃〜昼頃 西地区子ども神輿巡行
                午後5時頃〜8時半 地車囃(だんじりばやし)奉納(特設舞台)
                午後7時頃〜8時半 泉殿宮神楽獅子奉納(特設舞台)

     8月 3日 (木)   午前9時頃〜4時頃 東地区子ども神輿巡行
                午後 2 時   祭典斎行
                午後5時頃〜8時半 地車囃奉納(特設舞台)
                午後7時頃〜8時半 泉殿宮神楽獅子奉納(特設舞台)
                

境内、特設舞台前には、パイプいすを準備いたします。

両日とも、午後7時に  ご着席の50名の方に

泉殿宮特製 厄除開運 竹製 "お水まつりうちわ"を

無料授与いたします